PayPayにチャージできるクレジットカード|還元ポイントや注意点まとめ【Yahoo! JAPANカード】

PayPayには5つのチャージ方法がありますが、そのうちの1つとしてクレジットカードのチャージがあります。

この記事では、「チャージに登録できるクレジットカード」「還元率・ポイント」「注意点」を解説していきます。

PayPayにチャージできるクレジットカードはYahoo! JAPANカードのみ

PayPay残高にチャージできるクレジットカードはYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)のみです。

「VISA」「JCB」「Master」どの国際ブランドでもチャージ可能。

2020年1月31日まではヤフーカードでPayPay残高にチャージすると、カード側で1%のTポイントが付与されます。

PayPay残高払いの1.5%と合わせると2.5%になりますね。

しかし、2月からはこのTポイントの1%分が付与されなくなります

今までPayPay(ソフトバンク)は「100億円あげちゃう」など、インパクトのあるキャンペーンにより巨額の先行投資をしてきましたが、スマホ・QRコード決済での勝ち残りが見えたということで、これからは利益を生み出す方向に舵を切ったのでしょう。

私もヤフーカードでチャージしていた一人なので非常に残念ですが、Tポイントの付与される期限の1月31までに、ある程度チャージしようと思っています。

 

Yahoo! JAPANカードでもチャージ出来ない場合

クレジットカードで直接支払う場合は本人確認しなくても利用できますが、チャージの場合は本人確認が必須です。

本人認証サービス(3Dセキュア)というもので、クレジットカードの情報に加えて「自分の決めたパスワード」を入力しないと決済出来ない仕組みになっています。

PayPayのサービスが始まってから数ヶ月後に不正利用のトラブルが起き、大問題になりました。

現在では本人認証サービス(3Dセキュア)でセキュリティを強化した上に、不正利用時の「全額保証」を行いユーザーを安心させています。

 

PayPay残高にチャージする場合の注意点

PayPayでは一度PayPay残高にチャージしたお金を自分の銀行口座に出金することができます。

しかし、チャージ方法によって出金できたり出来なかったりするので、解説していきます。

PayPayのチャージ先には「PayPayマネー」と「PayPayマネーライト」の2つがあり、どちらも有効期限は無く、送金も出来ます

ただ、出金については制限の違いがあります。

出金可能(PayPayマネー)
・銀行口座
・セブン銀行ATM
・ヤフオク PayPayフリマ売上金
出金不可(PayPayマネーライト)
・Yahoo! JAPANカード
・ソフトバンク Y!mobileまとめて支払い

PayPayマネーライトのチャージ方法は、どちらも請求が来るまでにタイムラグがあるものなので、出金ができないのは当然といえば当然ですね。

 

まとめ

 
・PayPay残高にチャージできるクレジットカードはYahoo! JAPANカードのみ
・チャージするには本人認証(3Dセキュア)が必要
・Yahoo! JAPANカードでチャージしたPayPay残高は出金できない
・1%のTポイント付与は2020年1月31日まで

私は2月以降は、ジャパンネット銀行からのPayPay残高チャージにします。

非常に少ないですが、0.2%還元されるのと、緊急時に出金できるというメリットがあるからです。

個人的に一番うれしいのは、再びYahoo! JAPANカードで1%付与されることですが、一定の利用者が確保できた現在では難しいかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。