【PayPay出金方法・手数料解説】引き出せない時の注意点!PayPayマネーで即時払い出し

PayPayを普通に使っているぶんには問題ありませんが、「入金額をまちがえてしまった」「急にお金が必要になった」「もうPayPayをやめる!」となったら、PayPay残高にチャージしている金額を出金する必要がありますね。

PayPayが始まってから今まで出金することは出来ませんでしたが、2019年9月30日からPayPay残高からの出金が可能になりましたので、とことん調べてみました!

この記事を読むと分かる事
・出金方法
・出金の条件
・出金可能なチャージ方法
・手数料
・出金にかかる日数
・出金出来ない時のチェックポイント

PayPay残高を出金する方法

1.本人確認が済んだ方法で「PayPayマネー」にチャージする。

2.PayPayアプリの「残高」→「銀行口座に出金」→出金する銀行を選択。

3.PayPayから出金する金額を「出金額を入力」部分に入力。

4.「出金する」をタップして、手続き完了。

 

出金するには条件がある!

PayPay残高にある金額を自由に出金できるようになった訳ではなく、条件があります。

まずしておかなければならないのが、「本人確認」です。

「本人確認」には2つの方法があります。

1.銀行口座を登録する事による間接的な本人確認


引用:https://box.yahoo.co.jp

2.「Polarify e-KYC」を使った本人確認

PayPayアプリ内で、株式会社ポラリファイ提供の「Polarify e-KYC」を使って本人確認する方法です。

登録には「本人確認書類」と「顔をスマホで撮影」する必要があります。

その他に必要な手続きはありませんので、あまり手間がかかりません。

しかし、顔写真を撮ることに抵抗があるなら、銀行口座での登録をおすすめします。

 

出金可能なPayPay残高の種類

2つの方法で本人確認したあとにチャージすることで、出金可能な「PayPayマネー」に入金されます。

本人確認が済んでいてもクレジットカードによるチャージは「PayPayマネーライト」となり、出金出来ません。

キャンペーンによるポイントなども「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」となり、出金できません。

【PayPay残高の種類と特徴】

引用:https://about.paypay.ne.jp

 

出金可能なチャージ方法3つ

出金するためのチャージ方法は3つあります。※本人確認はしておきましょう。

  1. 銀行口座からのチャージ
  2. セブン銀行ATMからのチャージ
  3. ヤフオクなどの売上金からのチャージ

上記3つのチャージ方法を行うと、出金可能な「PayPayマネー」にチャージされます。

 

出金手数料はいくらかかる?

ジャパンネット銀行(ジャパンネットバンク)への出金は手数料無料です。

その他金融機関への出金は100円の手数料がかかります。

最低出金金額は100円ですので、ジャパンネット銀行の場合は100円のPayPay残高が必要。

その他金融機関金融機関なら200円のPayPay残高が必要となります。

 

出金にかかる日数は?

金融機関によって、自分の口座に入金されるまでの日数は変わります。


https://paypay.ne.jp

振り込み予定日が知りたい場合は、PayPayアプリの「残高」画面の詳細をタップすると、振り込み予定日の確認ができます。

振り込みが完了すると、自分の銀行口座の通帳に「PayPay」もしくは「PAYPAY」と記載されます。

 

出金できない場合のチェックポイント7つ

PayPay残高を出金するには他にもいくつかの条件やチェックポイントがあります。

・残高不足(ジャパンネット100円・その他銀行200円)

・利用制限がかかっている。

・24時間のあいだに50万円を超える出金手続きは不可。

・口座番号や名前の入力ミス。

・確認済みの銀行口座と振り込み依頼した銀行口座が違う。

・まだ振り込み予定日になっていない。

・ヤフーカード、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払いによるチャージの場合、本人確認済みでも「PayPayマネーライト」となり、出金不可。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。