コンビニのキャッシュレス還元は即時2% 対象の【電子マネー・QRコード・クレジットカード一覧】

とうとう10月1日から消費税が10%になりました。

2%の増税でも家計の負担が増えるのはイヤなものですよね!

しかし、政府主導の「キャッシュレス・ポイント(消費者)還元事業」をうまく使えば最大で5%還元されます。

コンビニの場合は2%を即時割引という還元方法となります。(一般の加盟店は後日ポイント還元です)

この記事では、コンビニで2%の還元対象となるためのキャッシュレス支払い方法」をご紹介します。

引用:https://cashless.go.jp

 

コンビニで還元されるキャッシュレスの種類は?

当然ながら、コンビニ大手4社のセブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップは「キャッシュレス・ポイント(消費者)還元事業」に登録しています。

しかしキャッシュレス決済なら何でもいいわけではなく、クレジットカード会社や電子マネーサービス、QR・バーコード決済事業者が政府へ申請し、認められなければ2%or5%の還元は認められません。

とはいえ実際には、有名どころの決済サービス事業者はすべて対象のようです。

 

支払い可能決済方法一覧

スマホ決済、QR・バーコード決済
・PayPay(ペイペイ)
・LINEPay コード支払い
・LINEPay オンライン支払い
・d払い
・ゆうちょPay(ゆうちょペイ)
・楽天Pay(楽天ペイ)
・merPay(メルペイ)
・au PAY(エーユーペイ)
・OrigamiPay(オリガミペイ)
・J-CoinPay(ジェイコインペイ)
・さるぼぼコイン
・シモキタコイン
・りそなウォレットサービス
・DigiCash(デジキャッシュ)
・電子地域通貨「アクアコイン」
・はまPay
・&ペイ
・Money Tap(マネータップ)
・Payどん
・たんばコイン
・まちペイサービス
・おきぎんVISAカード
・YOKA!Pay(よかペイ)
・OKI Pay(オキペイ)
・chiicaチーカ
・コープペイ
・自然派Pay
・提携ウォレットサービス
交通系電子マネー
・Suica(スイカ)
・PASMO(パスモ)
・manaca(マナカ)
・ICOCA(イコカ)
・nimoca(ニモカ)
・PiTaPa(ピタパ)
・SUGOKA(スゴカ)
電子マネー(一部)
・WAON(ワオン)
・nanaco(ナナコ)
・楽天Edy(楽天エディー)
・j-coin Pay(ジェイコインペイ)
クレジットカード・デビットカード(一部)
・dカード
・dカードmini
・Yahoo!JAPANカード
・楽天カード
・ファミマTカード
・三井住友VISAカード
・三井住友マスターカード
・JCBカード
・セゾンカード
・イオンカード
・オリコカード
・エポスカード
・ジャックスカード
・TS CUBIC CARD
・DCカード
・NICOSカード
・MUFGカード
・ダイナースカード
・アメックスカード
・ビューカード
・ENEOSカード
・kyash
・ソフトバンクカード
・JCBデビットカード
・りそなデビット一体型ICキャッシュカード
・三井住友プリペイド
・VISAデビットカード
・au WALLET プリペイドカード
・楽天銀行プリペイドカード
・イオンデビットカード
・LINE Payカード
・タカシマヤカード

j-Debit(ジェイデビット)も全ての金融機関が登録しているようです。

非常に多くの交通系を含む電子マネー・QRバーコード・クレジットカード・デビットカードなどの決済事業者が「キャッシュレス・ポイント(消費者)還元事業」に登録しています。

まとめ

普通にキャッシュレスで支払いさえすれば、「キャッシュレス・ポイント(消費者)還元事業」の対象となり、2%の還元がされるという事がわかりましたね。

さらにPayPayなどのキャンペーンを併用すればプラス5%され、合計7%の還元を得る事が可能ですので、自分が利用している決済サービスのキャンペーンも確認して見ましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。